04-05-2020
「オンライン音楽療法」「遠隔音楽療法」という形態の音楽療法の臨床実践についてお話ししていきます。 まずはその際の心構えから。「普段の対面式セッションでやっていることで出来ない事はある。それを容認した上で出来る範囲でベストのことをする」対面式とは異なる介入方向になるのは当たり前、実現できる範囲を見極める。そして、不安に思う関係者に明確にセッションプランを提示することが大前提。 この仕事における、柔軟性、創造性、コミュニケーション力の重要性を再確認します。 「より広く音楽療法実践を届けることのできる方法である」こと、「各事情で対面式音楽療法セッションが受けられない方々のためにできる音楽療法士としてベストの選択の一つでである」こと、そしてこの危機状況においては、「大切なクライアントさん、自分自身や家族を含めた関わるすべての人々を感染リスクにさらす危険性から守ること」に直結していると考えます。

03-28-2020
2020年3月、オンラインでの音楽レッスンが急速に浸透するアメリカからのリポートです。

3月1日は World Music Therapy Day (世界音楽療法の日)でした。 本会ではこのブログで呼びかけをし、オンライン上のピアサポートを開催し、心温まる特別な日となりました! 現在外出を控えている人が多いことなどから、3月8日(日曜)に再度オンラインでのピアサポート・ミーティングを開催します。参加費は無料です。

3月1日、オンラインでのピアサポート・ミーティングを開催します。参加費は無料です。 この案内をご覧の音楽療法士、関連他職従事者の方にご参加いただける特別企画です。 開催日時:2020年3月1日(日)午前9時〜午前10時15分 「情報や意見のシェアを行い視野を広げながら相互サポートを確立すること」が主目的です。カジュアルな形式で、ご自宅から気楽に遠方の音楽療法士や本会スタッフと交流ができます。

02-25-2020
新コロナウイルス感染拡大について、世界各地で影響が広がっています。これまでに健康や生活に影響があった方々に心よりお見舞い申し上げます。 私は来週日本へ行く予定をキャンセルすることになりました。きっかけは、渡航主目的であった日本音楽療法学会近畿支部学術大会の開催中止通知を受けてのことでした。 自分が講師をする予定だった講座の参加者の方々やお世話になっている委員会の皆様にお会いできず本当に残念という気持ちがある一方、現在の日本国内外の状況から考えると、大会開催中止は賢明な判断であると考え支持しています。

音楽療法かけはしの会では2020年も皆様により良い一年をお過ごしいただくために、本会では色々な企画をしています。本年度の活動とプランについてご紹介しますので、皆様のプランに是非組み入れていただければと思います。

皆さまこんにちは。秋も深まり冬間近な気配の毎日ですが、いかがおすごしでしょうか? これから年末年始に向けてさらに慌ただしくなる季節、毎年なんだか落ち着かないまま新年を迎えてしまい、そのままあっという間に一年が過ぎてしまう、という方も多いと思います。...

10-26-2019
細江 弥生 掲載が遅くなりましたが、前回のリポートその1の続きです。 今年6月に京都で行われた世界パーキンソン病大会では、学術的な発表以外にたくさんのイベントや参加型のセッションが盛り込まれていました。芸術に関するものも多く、アート作品の展示、自主制作動画のコンテスト、ダンスのセッション、コーラスのセッションなどが開催されました。

10-20-2019
令和元年の台風19号ならびに最近の災害で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。少しでも早く皆様が平常の生活にお戻りになれますようお祈り申し上げます。 このような非常時の人の感じ方は実に様々ですが、被害に遭われた方はもちろんですが、その方々をサポートする人達にも精神的影響が出るものです。普段からの心構の大切さを考えます。

2019年9月20~22日、大阪府大阪市の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)にて開催された、「第19回日本音楽療法学会学術大会」のレポート1 です。本会スタッフも参加し、発表を行いました。

さらに表示する