11-25-2018
認知症予防や介護予防における音楽療法で重要となるポイントとして、「参加者に役割を持ってもらい自主性を促す」という考え方を取り入れたプログラム例、トーンチャイムを使った活動の紹介です。

「音楽療法研究基礎講座」の紹介です。 11月11日、このシリーズ第一弾「音楽療法研究基礎講座① 〜無料で気軽に手に入る論文を探してみよう〜」が開催されます。 タイトルのとおり、「まずは研究に親しむために読む題材となる論文を探す方法を学ぶところから始める」という非常に親しみやすいテーマです。 「研究と実践をつなぐ重要性」は、音楽療法や関連分野において言われ続けられてきた事柄ですが、「この部分を基礎からしっかり学べる機会は日本の音楽療法分野においてはまだまだ少ない」というお声が度々届きます。 また、それが大切なことは分かっているけれど、「研究、論文、と聞くだけでなんとなく難しそうでつい避けてしまう」「どこからスタートしたら良いか分からない」という音楽療法士も少なくないようです。 そのようなお声に答え、音楽療法の研究に楽しく慣れ親しんでいただけるよう企画しました。日々の臨床や発表にも役立つ実用的な内容を基礎の基礎からお伝えする画期的なシリーズです。

オンライン講習会についてニュースです! 今年7月に本会がオンラインにて開催した「音楽療法ソーシャルスキルアセスメント&記録を学ぶ:MTSSA」の基礎講座が、初の日本音楽療法学会認定ポイント対象のオンライン講習会として認められました。 各支部にも指定された要件を満たせば、オンライン講座を通常講座(座学)と同様に認定ポイント対象として認めることが通知されています。認定審議してくださった委員の皆様、ご理解に感謝申し上げます! しかし、オンライン講座に親しみのない方が多いこともよく耳にしますし、知らないことゆえのご不安も聞こえてきます。 「オンライン講座受講に興味はあるけれど、いきなり本格受講するのはハードルが高い」という方々のために、「オンライン講座とは」という無料オンライン講座を開催します。ご興味のある方は引き続き本会ブログならびにFBをチェックしてください。

10-01-2018
細江 弥生 日本音楽療法学会が法人化され、「一般社団法人」になったことをご存知の方も多いと思います。 今回の学術大会では、法人化されて初めての「会員集会」が行われました。...

09-21-2018
9月14~16日、香川県高松市のサンポートホール高松で開催された第18回日本音楽療法学会学術大会のリポートその1です。 大会テーマは「個が奏でるハーモニー ~対象者を見つめる音楽療法士の姿勢~」。1,484名の参加だったそうです。

小沼愛子 本会主催によるこの夏の研修会第一弾、「MTSSA(Music Therapy Social Skill Assessment and Documentation)研修会」が先週末東京にて開催されました。 会場は江東区の東大島文化センター、今月からリニューアルオープンされたばかりの綺麗な会場です。講師はMTSSAマニュアル作成者のメンバーでもある本会スタッフ細江弥生が務めました。

08-01-2018
7月21・22日、秋田県横田市のよこてシャイニーパレスで開催された「第18回日本音楽療法学会東北支部学術大会」のリポートです。

夏の恒例となった研修会のお知らせです。今年は、オンライン、東京、神戸、仙台にて、様々なトピックで開催されますので、どうぞご参加ください。各会場にて皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

07-09-2018
先週からの大雨で被災された方々、影響を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 ミーティングにて、「非常時に自分たちにできることは何か?」についてあらためて話し合われました。 非常時だからこそ、先走った行動は避け、まずは自分が心身ともに安定ししっかり生活を続けていくことが最も大切。特にSNSの利用は冷静に、一呼吸置いてから反応や投稿することが大切、などが確認されました。

07-07-2018
「認知症予防・進行予防における音楽療法は音楽療法における新たな分野として広まってきていると思います。この分野において音楽療法士が留意するべき点について紹介しています。

さらに表示する