ニュースレター2013年7月号

本会のニュースレター2013年7月号が発行されました。

 

今回は4ページ構成で、

 

① スタッフより挨拶

② かけはしニュース(活動報告など)

③ コラム

④ 月刊音楽療法ニュースダイジェスト

⑤ 編集後記

 

という流れになっています。

 

 今回の「かけはしコラム」は、スタッフ井上が、「考え方一つで:観察力を養う事の大切さ」というタイトルで、「音楽療法士にとって客観的観察力を養うことがいかに大切か」ということを書いています。

 

「音楽療法ニュースダイジェスト」では、過去一ヶ月に流れた音楽療法関連の最新ニュースをスタッフが選び紹介しています。(英語のニュースについては内容を日本語で要約してお伝えしています。)

今回はイギリスとアメリカから5つのニュースをセレクトしました。

ノードフロビンズセンター(イギリス)での資金調達のイベントの模様、がん患者への音楽療法や芸術療法、アメリカで拡大しつつあるホスピス音楽療法など、最新かつ興味深いニュースばかりです。

 

 

以上、本会ニュースレター2013年7月号の紹介をさせていただきました。

 

 

ニュースレター6月号、またはバックナンバーをお読みになりたい方は、会員募集のページから会員へのお申し込みをお願いいたします。

 

会員登録していただいた方には、毎月一回ニュースレターを配信させていただいています。他にも会員特典がございますので、くわしくは会員募集のページをご覧下さい。

 

毎月充実した内容となるようにスタッフ一同意欲的に作成に取り組んでいます。

 

本会ニュースレターに関してのご意見やご要望は、「お問い合わせフォーム」より、またはinfo@mtkakehashi.comまでメールにてご連絡下さい。皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

 

 

 

日本ブログ村「音楽療法」のセクションはこちらから

 

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページはこちらから