ニュースレター2014年1月号

 去る1月15日、2014年初の月刊ニュースレターを発行、本年度会員の皆様に送付させていただきました。

 

(←ニュースレター1ページ目の写真です。)

 

今号からレイアウトを一新、字数は少し減ったのですが、より読み易く、そして内容は変わらず充実したものとなるようにスタッフ一同引き続き全力投球していきますので、是非お読みになって下さい!

 

さて、ニュースレター1月号の内容などこちらで紹介をさせていただきます。

 

*今回のコラムは、「エンターテイナー?音楽家?伴奏者?音楽療法士のあり方について」です。

クライアントの様子をしっかり見ながら音楽を提供する、という、音楽療法士にとって基本中の基本である概念について今一度考えてみましょう、という問いかけと共に、ついつい忘れがちなことを再チェック出来る内容です。プロで活動している方のみでなく、これから音楽療法を勉強される方も必見の内容です。

 

*「音楽療法ニュースダイジェスト」では、過去一ヶ月に流れた3つの主要な音楽療法ニュースをまとめてお伝えしています。

今回のこのコーナーでは、アメリカとインドの音楽療法の記事を紹介しています。音楽療法がどのように世間で認められていくのか、これらのニュースから世界の音楽療法の様子が伝わってきます。(英語のニュースについては内容を日本語で要約し、原文記事はリンクを貼ってお伝えしています。)

 

 

 会員登録されていない方でニュースレター1月号、またはバックナンバーをお読みになりたい方は、会員募集のページから会員へのお申し込みをお願いいたします。

 

会員登録していただいた方には、毎月一回ニュースレターを配信させていただいています。他にも会員特典がございますので、くわしくは会員募集のページをご覧下さい。

 

毎月充実した内容となるようにスタッフ一同意欲的に作成に取り組んでいます。

 

本会ニュースレターに関してのご意見やご要望は、「お問い合わせフォーム」より、またはinfo@mtkakehashi.comまでメールにてご連絡下さい。皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

 

 

 

 

ブログ村「音楽療法」のページはこちらから

 

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページはこちらから