~Welcome to Our Blog~

♫音楽療法かけはしの会ブログへようこそ♫

 

このブログでは、本会スタッフの活動報告、

 音楽療法関連の情報提供などを行っています。

 

最新ブログ記事のアップは、本会のフェイスブックページでお知らせしていますので「いいね!」を押してご登録下さい。


 

 

日本ブログ村「音楽療法」セクションへはこちらから

人気ブログランキング「健康と医療」へはこちらから

2017年

3月

18日

★ニュースレター2017年3月号

 

皆様こんにちは。3月も後半に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

本会ニュースレター2017年3月号が先週発行されましたので紹介させていただきます。

 

今回も海外からの最新音楽療法ニュース、音楽療法士にとって有益なコラム、本会の研修会のお知らせなどを掲載しています。

 

以下、2017年3月号の内容紹介です。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

07日

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集

皆さまこんにちは。

 

今回は、「ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ」です!

 

ご興味のある方は下の募集要項をご確認の上、担当者の長坂さんにご連絡下さい。

 

私も以前に長坂さんのドラムサークルに参加させていただきました。音楽療法士として学ぶことが沢山あって大感謝でしたから、今回の研修生のポジション、とっても貴重な機会だと思います。

 

以下、募集要項です〜 

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

04日

No.200 音楽療法 in アジア

左が主催者のTan博士。私を含め発表者達+スーパー力強いお手伝いのMTインターン、Calvinくん。
左が主催者のTan博士。私を含め発表者達+スーパー力強いお手伝いのMTインターン、Calvinくん。

小沼愛子

 

皆さまこんにちは。先週、レスリー大学にて音楽療法のイベントに参加してきました。

 

イベントのタイトルは「Voices from the East: Definitions and Experiences of Music Therapy in Asia Regions」で、アジア諸国での音楽療法事情について紹介するものでした。

 

レスリー大学はボストン市にすぐ隣ケンブリッジ市にある学校です。音楽療法のコースがあり、日本人卒業者も数多く輩出してきました。一昨年この大学の音楽療法教授として赴任したXueli Tan 博士が、「アジアの音楽療法について見識を深めましょう」ということで開催したこのイベント、アメリカMT界では稀な内容だったと思います。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

26日

★音楽療法士募集のお知らせ

皆さまこんにちは。

 

今日は音楽療法士募集のお知らせです。

 

場所は三重県伊勢市の村井楽器、詳細はこのブログの下の方をご覧下さい。

 

私も一度その現場でセッションさせていただいことがあります。(上の写真はそのセッションが新聞に掲載された時のものです。その時の様子や職場の雰囲気など、ブログ190でご覧になれます。)

 

素敵な音楽療法士が見つかりますように!ということで宣伝のお手伝いをさせていただいています。ご興味のある方、是非村井さんに連絡してみて下さい。詳細については気楽にお問い合わせを、というお話です。

 

以下、募集要項です。

 

************************************

 募集職種:音楽療法士 1

 業務内容:障がい者のための就労移行支援事業のスタッフとして音楽療法を中心にした諸活動

 

 勤務地:三重県伊勢市曽祢1-10-23

      村井楽器本社ビル内

 

 雇用形態:正社員

 応募資格:音楽療法士(見込みも可)

 選考方法:書類・面接

 問い合わせ・応募:まずはメールにてご連絡ください。

 連絡先:村井楽器株式会社 0596-23-1125 

担当 村井政樹 メール:m2001jp@yahoo.co.jp

************************************

 

本会ブログでは、今後も音楽療法士&音楽療法アシスタントの募集について掲載していく予定です。音楽療法とその関連現場が少しでも増えるように繋がりが広がればと考えています。

 

音楽療法士募集についてシェアしたい情報をお持ちの方は是非本会までご連絡下さい。

 

 

 

 

  ↓ ★クリックお願いします !

ブログ村「音楽療法」のページ

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページ

 

 

 

 

前号記事を読む<<<   >>>次号記事を読む

 

 

0 コメント

2017年

2月

09日

No.199 スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

319()、兵庫県の三宮コンベンションセンターにて、国際音楽療法専門学院主催の「2017ステップアップ講座in近畿」が開催されます。

 

この講座前半の講義を、本会スタッフ細江弥生が担当させていただきます。

講義タイトルは「音楽療法アセスメント:その実用的な使い方について」です。

 

「アセスメントの重要性は学んでいるが諸事情で実際には実施できていない」という声を度々耳にします。この講義では、アセスメントを行う事が「理想」から「現実」となるに何をどうすれば良いのか参加者が実際に直面している問題を基に考えていきます。

 

また、この講座の後半「卒業生実践相談会」にも、国際音楽療法専門学院の卒業生でなくても参加できるそうです。実践相談会では、日々の臨床について話題を持ち寄りざっくばらんに意見交換を行うと伺っています。進行役の吉村奈保子先生も、「より多くの方々に参加していただき有意義な交流の場にしたい」とおっしゃっています。

 

昨年夏には、本会スタッフ小沼も同学院主催の特別講座講師を担当させていただきました。学院の先生方&スタッフの皆さんは大変親切、参加者の皆さんは勉強熱心な方ばかりで意義ある集まりであると感じました。

 

 

今回はアセスメントがテーマ、そして近畿での開催です!皆様のご参加をお待ちしております。

 

以下、本講座のチラシとなります。お申込み方法はこちらに記載されています。写真の下にPDFも添付していますので、必要に応じてダウンロードして下さい。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

05日

No.198 音楽療法士についてのリサーチ

小沼愛子

 

皆さまこんにちは。今回のブログは、「音楽療法士についてのリサーチ」の紹介です。

 

「音楽療法」についてのリサーチが数多く行われてきたのは周知の通りですが、「音楽療法」についてのリサーチ、特にアジア人音楽療法士特化した研究はまだまだ限られていると思います。

 

 

アメリカのレスリー大学教授のタン博士(Dr. Xueli Tan)が、現在行っているアンケート式のリサーチがこちら、「The Current Status of Music Therapy in Asian Countries」です。

 

対象となる音楽療法士は、

 

1. 現在アジア圏の国で臨床をしている音楽療法士

 

2. 現在アジア圏の国で音楽療法教育に携わっている人

 

です。

 

対象となる皆様、是非ご参加下さい。

 

以下のリンクからアンケートが見れます。

https://lesley.co1.qualtrics.com/SE/?SID=SV_efCBcucTasxdkRT

 

 

私は過去に何度か音楽療法士を対象にした研究に参加したことがありますが、

「あの質問と回答がこんな形で処理されるのか。研究者ってさすがだな」など、研究が発表された後に普段とは違った視点と興味を持って結果を眺めることができて楽しいものでした。

 

さて、タン博士はご自身がシンガポールご出身ということもあり、アジアの音楽療法事情に明るく、過去にも関連の発表などを行なっています。真摯に音楽療法界に貢献を続けてきた方で、将来有望なアジア人MT研究者である、と、本会スタッフ内では意見が一致してします。

 

また、今回のアンケートは、レスリー大学倫理委員会にすでに承認されているもので、アジア圏の音楽療法士を対象に大規模に行われるものです。

 

日本からも沢山のMTに参加していただきたいと思います。

 

英語は苦手という方でも、辞書を引きながら答えられるのがアンケートの良いところです。音楽療法について、音楽療法士について、どのように英語で表現されるのかを勉強する良い機会になると思いますので、是非トライしてみて下さい。

 

本アンケートの英語に関してのご質問があれば、この下のコメント欄に書くか、本会までメールでお問い合わせ下さいませ。

 

 

  

 

  ↓ ★クリックお願いします !

ブログ村「音楽療法」のページ

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページ

 

 

 

 

前号記事を読む<<<   >>>次号記事を読む

 

 

 

 

0 コメント

2017年

1月

22日

今週の英語23: MT資格更新に必要な“CE”とは?

細江弥生

 

今回紹介する英語は “Continuing Education” です。

 

日本語に直訳すると、「継続教育」となります。意味はズバリそのままで、専門家が学校教育を終了した後も続けていく学びの機会を指す英語です。

 

略してCEとかかれていることや、単位を表す「ユニット=Unit」を組み合わせ、CEUと書かれている事もあります。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

17日

★ニュースレター2017年1月号

 

皆様こんにちは。

 

2017年初の本会ニュースレターが数日前に発行されました。

 

今年も月一回、世界各国からの最新音楽療法ニュースや音楽療法士にとって有益なコラムなどを掲載し充実した内容でお届けして参ります。

 

以下、2017年1月号の内容紹介です。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

15日

No.197  音楽療法士として初心に帰る

小沼愛子

 

皆さまこんにちは。 年が明けて半月が過ぎました。新年の抱負をしっかり実行している方、すでに挫折が近い?と感じている方、色々かと思います。

 

私自身は特に新年の抱負を大きく掲げることはほとんどなく、必要な時に目標を立てては実行する(もしくは挫折する)いうタイプですが、新しい年を迎える度に「初心に帰る」ことにしています。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

08日

新年、あらためて自己紹介です

皆さま、明けましておめでとうございます。

 

いつもこのブログをご覧下さってありがとうございます! 今年も変わらず活動を続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、ブログは読んでいても本会についてあまりご存じない方もいらっしゃるということで、新しい年を迎えたことを機に、あらためて「音楽療法かけはしの会」の紹介をさせていただきます。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

26日

★ニュースレター2016年12月号

皆さまこんにちは。今年最後の一週間が始まり何かとせわしないものですが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

先週発行された本会ニュースレター12月号の紹介をさせていただきます。

 

今年も皆様からのご支援のおかげで無事毎月一回ニュースレターを発行し続けられたことに心から感謝しています!

 

今月号でも、海外からの最新音楽療法ニュースと人気の音楽療法コラムを掲載しています。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

14日

No.196  音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由:Ami Kunimuraさんのお話から

細江弥生

 

私が最近読んでみたいと思ったアメリカの音楽療法士が書いた本“Resilience over Burnout: A self-care Guide for music therapists” に関連した話です。

 

本著者のAmi Kunimuraさんが、リサーチによって判明した、音楽療法士が「燃え尽き症候群」になる引き金となりうる3つの要因について、Youtube 動画にて(https://youtu.be/34fZHMvh1lk)話しています。

 

 

以下がその3つの要因と、各項目について私が考えたことです。

 

 

1、仕事の要因

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

02日

No.195 AMTA学術大会リポート2016 vol.2

参加者に無料で配られたRemoさん写真入りのドラム。
参加者に無料で配られたRemoさん写真入りのドラム。

小沼愛子

 

11/10 11/13に開催されたアメリカ音楽療法学会(AMTA)の全国学術大会リポートの続きです。

 

まずは、日本の音楽療法士の皆様にも広く知られるパーカッションメーカーRemoの話題からです。

 

この大会の開会式では、毎年 Lifetime Achievement Award という特別な賞が、 長年に渡り音楽療法界に大きく貢献した2名に与えられます。今回、数ヶ月前にお亡くなりになったRemo 設立者のRemo Belliさんも表彰されました。開会式会場に入る際、参加者全員にRemoさんの写真のついた小さなドラムが手渡され、これを皆で演奏する時間も設けられました。

 

さて、こんな感じで、皆で歌ったり手拍子したり、スタンディングオベーションしたり、結構忙しいのがこの大会の開会式です。しかも、開会式が夜。大会の始まり方からして日本の学会と大きく違う感じがあります。

 

今年は日本とアメリカの学会両方に参加したので、日米学術大会の相違点についても考えてみました。前号で書いた通り、日本の音楽療法学術大会と参加者数自体は同じ数なのです。しかし、なぜかAMTA大会は規模が大きく感じられるのです。その要因は複数ある気がしますが、特に目立って分かりやすいと思う点を2つ挙げてみます。

 

●まず第一に、出店・ブース数、そして、イベント・ミーティング数が多い。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

27日

No.194  アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

小沼愛子

 

今回は私が2週間前に参加した「アメリカ音楽療法(AMTA)学会全国学術大会」のリポートその1をお送りします。いつもの学会リポートを同様、まずは一般情報から紹介です。

 (←写真は大会プログラムの表紙です)

 

開催日は1110日(木曜日)から1113日(日曜日)、 開催場所は、オハイオ州のサンダスキー という町にある、"カラハリ・リゾート&コンベンション。アミューズメント施設、会議場、そしてホテルを兼ねた大きな建物です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

21日

★ニュースレター2016年11月号

 

皆さまこんにちは。11月も残り10日を切り師走を目前とし、妙に焦りを感じる今日この頃です。

 

日々の業務の追われてあっという間に時間が過ぎていきますが、気がつけば今年の本会ニュースレターも残り一本を残すのみとなりました。

 

先週発行された11月号のご紹介と共に、この会をサポートして下さっている会員の皆様に改めてお礼申し上げます。

(⇦ニュースレター一ページ目の写真です)

 

 以下、ニュースレター11月号の内容紹介です。今号でも、国外からの最新音楽療法ニュースと興味深いコラムを掲載しています。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

12日

No.193  大統領選と音楽

小沼愛子

 

アメリカでは連日ニュースで取り上げられてきた今年の大統領選後、はじめての週末を迎えました。

 

私は数日前からアメリカ音楽療法学会の学術大会に参加中で、今回の選挙結果が多くの音楽療法士にも精神的影響を与えていることを目の当たりにしています。が、このブログでは選挙に関する違った側面をご紹介したいと思います。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

23日

★ニュースレター2016年10月号

ボストンは落ち葉掃除が大変な時期に突入し、私はハロウィン用音楽の準備に頭を悩ませております。皆様お住いの場所でも秋が深まりつつあると思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

本会ニュースレター2016年10月号が先週発行されましたので紹介させていただきます。

(⇦ニュースレター一ページ目の写真です)

 

 

 

以下、ニュースレター10月号の内容紹介となります。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

16日

今週の英語22: 「対象者=クライエント」とは限らない

細江弥生

 

私がアメリカから日本に帰国して間もない頃、音楽療法の対象者を指す言葉は、「クライエント」しか知りませんでした。そんなとき「対象者」という日本語を知って救われた事を覚えています。

 

今では、音楽療法を行うsetting” settingについては「今週の英語16」をお読みください。)や、研究報告を書くとき等、状況に応じて言葉を選択していますが、帰国間もない頃はこういった基本的日本語もままならなかった事を覚えています。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

11日

No.192  第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

小沼愛子

 

皆さまこんにちは。すっかり間が空きましたが、前回からの続き、16回日本音楽療法学会学術大会レポートその2、です

 

一般情報を書き綴った前回とはガラリと変えて、個人的な経験や感想などを書かせていただきます。

 

まずは、印象的に残ったことから、です。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

25日

No.191  第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

小沼愛子

 

16回日本音楽療法学会学術大会は、2016916日(金)〜18日(日)の3日間、宮城県仙台市の仙台国際センターにて開催されました。

 

大会テーマは、「『今、ここで』音楽療法における関係性を考えよう」で、1500名ほどの参加者があったそうです。

 

大会についてお伝えしたいことは沢山あるのですが、まずは基本的な情報からいってみたいと思います。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

23日

★ニュースレター2016年9月号

 

皆さまこんにちは。本会ニュースレター2016年9月号が数日前に発行されましたので紹介させていただきます。

(⇦ニュースレター一ページ目の写真です)

 

ニュースレター内でも書きましたが、近日中に日本音楽療法学会学術大会のレポートをこのブログにアップさせていただきすので是非ご覧下さい。

 

以下、ニュースレター9月号の内容紹介となります。

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

15日

No.190  就労支援における音楽療法

小沼愛子

 

久しぶりのブログ更新となりましたが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?

 

今回はいつものボストンからでなく日本からの発信です。

 

この数週間日本のあちこちに滞在し講義やセッションなどをさせていただける機会にも恵まれました。先週三重に出向いた時のことが毎日新聞の記事になったと本会スタッフから連絡が入りましたので紹介させていただきます。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

30日

今週の英語21:発音2 〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

細江弥生

 

英語の発音上達のコツ、第二弾です。

 

アメリカで働いていた頃の同僚から得たヒントを皆さんとシェアしたいと思います。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

10日

今週の英語20: この記号、知っているようで知らないかも?#

小沼愛子

 

 

今回の主役は「記号」、皆さんおなじみのこれです。 

 

少しでも音楽を学んだことのある人なら「シャープ?」とすぐに思いつくかもしれません。

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

02日

No.189 聴くとリラックスできる音楽とは?

小沼愛子

 

気がつけばもう8月、夏真っ盛りです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

暑い夏の夜、聴くと涼しくなる音楽でもあると良いのですが、今回はそれと少し似た?「リラックスできる音楽」関連の話です。

 

「音楽療法士です」と人に伝えた時、「癒し系音楽やリラックスする音楽を奏でてくれるの?」などと言われた経験のある方、このブログの読者には多いかもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

26日

今週の英語19: 行動観察などの時に便利な”アレ”の英語

細江弥生

 

今回は、"tally"という言葉をご紹介します。

 

<発音:リンク先のスピーカーのアイコンをクリックすると音声が流れます>

tally= http://ejje.weblio.jp/content/tally

 

なんだか巷で流行っている珈琲店のような単語ですが、、、(ちなみにタリーズカフェのタリーは"Tully"と書くので別ものです。)

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

17日

★ニュースレター2016年7月号

皆さま、日本は海の日、すっかり夏がやって参りました!という感じではないでしょうか。

 

こちら、アメリカの東北地方ボストンでは最高気温が35度くらいになる日は結構あるのですが、朝晩比較的涼しいので過ごしやすい土地で、今も爽やかな風が室内に入ってくるのを感じます。

 

暑さの厳しい地域にお住いの皆様、どうぞ熱中症等にお気をつけて今週も元気にお過ごし下さい。

 

さて、先週発行された本会のニュースレター7月号の紹介をさせていただきます。今回も、コラム、ニュースダイジェスト共に興味深いトピックを掲載しています。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

10日

今週の英語18  発音1:色々な国の英語&発音を上達させるコツ

細江弥生

 

今回は単語紹介ではなく、英語のアクセントや発音について書いてみます。

 

英語は世界のいろいろな国で話されていますが、それぞれの国や地域で違った特徴があります。

 

代表的なのは、イギリス英語とアメリカ英語の違いだと思いますが、それ以外にも、カナダの英語、オーストラリアの英語、メキシコ系アメリカ人が話すスペイン語が少し混じった「スパングリッシュ」、シンガポールで話される「シングリッシュ」、インドの人たちが話す英語など、様々あります。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

24日

No.188 世界音楽療法大会ニュースvol.2 演題応募関連、その他

小沼愛子

 

皆様こんにちは。

 

前回世界大会に関するブログを書いてから早一ヶ月。すでに演題応募を済まされた方々、ご立派です。しかし、6/30まで応募内容の修正はオンラインでいつもで可能ですから、ギリギリまでねばる、という方もいらっしゃることでしょう。

 

この週末が勝負、と頑張っている方が多いかもと思い、このブログを書いています。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

22日

今週の英語17: 時代と共に変化する英語の例2, Significant Other

 細江弥生

 

今回も英語15でご紹介したように、時代と共に変化の合わせた単語の使い方です。

 

アメリカで音楽療法の仕事をしていると、リポートや書類、手紙などで significant otherという言葉を使うことがあります。

 

significant=重要な

other=ほかの人

 

続きを読む 0 コメント

  このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。  Copyright 2011 Kakehashi “Music Therapy Connection Group”. All right reserved.

ウェブサイト管理編集:小沼愛子

★最近のブログ記事★

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★