ブログその14: 「NAMM ショー」への参加 レポートvol.2 〜音楽療法との関連は?~

ローランド
ローランド

中井 弥生

 

NAMM ショー 2012」リポートの続きです。

 

なぜこのようなイベントに音楽療法士も参加する意味があるのか  ––  今回はその点に焦点を当てて書かせていただきたいと思います。

実は私の夫も音楽療法士なのですが、彼はバンドをやっている事もあり、楽器や機材にとても興味がある人です。当初、夫の事を「おたく」と呼んでからかっていたのですが、音楽療法士として経験を重ねる中で、そういった知識がいかに重要かという事を痛感しました。

 

音楽療法は音楽を使って行う療法ですので、音楽は常につきものです。

 

音楽療法の仕事が他の専門家と違うところは、「音楽の要素が人間の行動、認知、心理、生理学的現象にどういうふうに 影響するかを熟知し,それらを療法のなかでどのように用いたらクライエントの目的達成をサポートできるかを判断し実行できる」ことだと思います。音の要 素、つまりピッチ、音色、リズム、などをコントロールできるものである楽器や機材というものは(声も入りますが)私たちの仕事の基盤と言えるものです。

 

(もちろん療法すべてに共通する人間性、カウンセリング関連や倫理の必要性なども基本事項ですが、これらについての話はまた別の機会に!)

 

 

音 楽の要素の話に戻ります。自閉症の方達の中には感覚統合が難しく、5感を刺激する信号を的確に脳の中でプロセスできずに不快感を覚える方達がいます。この ようなクライアントに臨床現場で遭遇した時、例えばドラム一つにとっても、全く違う音の質、手触り、視覚的刺激をあたえる物がある中から、適切なドラム選 んで使う必要があります。

 

身 体機能、認知機能、言語や発話のリハビリに使われる音楽療法には、リズム、ピッチ、テンポ、また楽器の配置位置から仕組み(音を出すためにどういった身体 的、認知的機能が必要か)まで、目的や患者さんの機能状態に応じて巧みに変化させる必要性があります。また、こういった医療現場ではデータを取る事を求め られる事が多々あります。目で見えるように記録し、分析し、まとめるといった事をするためには、楽器や機材に取り付ける事ができるソフトウェアーなどが必 要になることがあります。

 

若 者や青少年対象の音楽療法では、ロックやヒップホップが多く使われ、ソフトウェアーを使った音楽作成が、セルフエスティームの向上、感情表現、社会性の向 上、記憶や注意力の向上を目的とした音楽療法に多々使われます。ロックやヒップホップをアコースティックで作成するには限度があり、ソフトウェアー等があ ると効率性や便利性がグンとあがりますよね。

 

このように、音楽療法の臨床現場をほんの少し見回しただけで、音の源となる楽器や機材、関連ソフトウェアーなどがいかに深く私たちの仕事に関わっているかが見えてきます。

 

 

私 は以前の職場で楽器の購入やメインテナンスをまかされていたのですが、少ない予算で療法に的確な質、機能を持った楽器の入手に苦労しました。メンテナンス に対する知識をもっと持っていれば壊れなくても良かっただろう楽器がたくさんあったし、修理に関しても問題点を把握する力、的確な修理プラン、修理すべき か新しいものを購入すべきかを判断する力など、自分が楽器オタクだったらどんなに良かったかと思ったものです。

 

例えば、「このブランドは高価な割に質は期待されない」「このブランドは名前は知られていないけれど実は○○会社の子会社で質の良いものを使っている。」「この会社は最近工場のラインを変え品質が落ちた」など夫から教えてもらった情報がどれだけ役に立ったことか!

 

楽 器や機材はとても幅広い分野ですし、すでに多くの分野をカバーしながらたくさんの勉強をしている音楽療法士にさらにこの分野の事も勉強するとなると大変な 事かも知れません。しかし、こういった分野もいかに音楽療法に深く関わり、知る事が大切かという認識を持つ事はとても大切だと考えています。

 

かけはしの会スタッフの小沼さんが、昨年ボストン市バークリー音楽大学で開催された「音楽療法とテクノロジー」のシンポジウムに参加された際、講師の一人であるマギー博士(ブログその7で紹介)が、「すべての音楽療法士にテクノロジーおたくの友達が必要だ」という意味合いの事をおっしゃっていたそうです。

 

 

現場で働きながら、常に勉強会や研究など、とにかく忙しい音楽療法という職業。確かにそういった分野に詳しく楽しく協力してくれる方達がいれば心強いですね!また、その分野の専門家とお話しするためにはこちらも向こうの事を勉強しなければいけない。

 

 

「音楽療法かけはしの会」では異業種の方との交流や提携を重要視していますが、こういった視点から楽器、機材関係の方達との協力体制を促進していきたいとも考えています。

 

 

★最近のブログ記事★

April 17, 2017

★ニュースレター2017年4月号

 

April 10, 2017

英語24:「若者を」を英語で言うと?

 

April 2, 2017

★本会主催研修会のお知らせ

 

March 29, 2017

今週の英語23「高齢者って英語でどういうの?」

 

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★