2012年

11月

01日

その48:アメリカ音楽療法学会2012年次学術大会(AMTA National Conference 2012)       〜参加リポート①〜

 

小沼愛子


 

去る10月11日より10月14日、私とスタッフ井上は、アメリカ音楽療法学会の年次学術大会 (The 2012 Conference of the American Music Therapy Association)に参加してまいりました。目の回るような忙しいスケジュールながら大変楽しく意義のある学会参加となり、あっという間の4日間でした。

 

今回から3回に渡って、この学会とその関連記事をこのブログで紹介させていただきます。


 

今回の開催地は「Pheasant Run Resort」。イリノイ州のセントチャールズ、大都市シカゴから車で西へ1時間ほど行ったところにあるリゾートホテルでした。

昨年まで「AMTA年次大会は11月後半に行われる」というのが通例だったのが、今年は一ヶ月以上早い開催となり、イリノイの厳しい冬の到来前だったのは嬉しいことでした。

 

*開会式の様子
*開会式の様子

 

さて、開会式にて、本大会の参加者は約1600人、とアナウンスがありました。日本の学会の参加人数でいうと、今年9月に宮崎で行われた日本音楽療法学会の学術大会の参加者数はこの3倍以上(とあるニュースで読みました)で、大きく上回っています。意外に思われる方もいらっしゃると思いますが、実際、学会員数もこの比率に近いのが現状です。

 

このAMTAの年次大会、4、5年前には2000人以上の参加があったのを記憶していますが、この数年は参加者が減少してきているように感じます。それとは反比例して学生の参加割合が高くなっているようで、ここは日本の学会と大きく異なる点かもしれません。今回の大会では、プログラムに「学生向け」と明記された発表がいくつかあったのは新しく目についた事柄の一つでした。AMTAの学生会員費と学会への参加費は、プロフェッショナル会員費と参加費と比べてかなり安価です。学生をサポートするという姿勢は素晴らしい一方、プロフェッショナルの参加人数が減ってきている状況は憂慮するべき点かもしれません。

 

毎回、発表演題に「その年の傾向」のようなものがあるのですが、「今年は自閉症関連、ノードフ・ロビンズ関連、そしてテクノロジー関連が多い」という声が参加者達から聞かれました。特にテクノロジー関連では、iPadなど身近にあるテクノロジーを臨床でどう使いこなすかという、実践入門的なものが複数見られ、音楽療法界でこの分野の習得が必須になりつつある象徴のように感じました。

 

*大会プログラム表紙
*大会プログラム表紙

 

この大会のキャッチフレーズは、Changing Winds: Innovation in Music Therapy” で、日本語に訳してみると、「変化の風:音楽療法のイノベーション(革新)」という感じになるでしょうか。

発表の中にも、「イノベーション」という言葉を意識してタイトルに使ったものがいくつか見られましたし、テクノロジー時代到来を印象づける発表が多かった、ということもその一つとして考えられるかもしれません。


 

 

しかし、現在のアメリカ音楽療法界のイノベーション、と言えば、ここ数年議論されているMaster’s Level Entry(音楽療法士になる為に修士号が必須となる)がその最たるものではないでしょうか。実際これに関する演題も複数見られ、私もそのうちの一つに参加してみました。 参加者が自由にこの議題について質問し、それにAMTA役員が答えるという形式のもので、 鋭い質問を投げかける人や冷静に問題点を指摘する人が多く、沢山の音楽療法士達がこの議題について真剣に考えている、ということに安堵し感銘も受けました。

 

その反面、少し深い質問が出ると、AMTA側は「今情報を集めている最中です」という答えに終始する感じで、特に新しい情報を得ることはありませんでした。昨年までは、この議題が急ピッチで採択に向けて進んでいるという印象が強かったのですが、今回の学会では、AMTAとしてはまだまだ明言できない事柄が多い状態であり、あくまで慎重に話を進めているという姿勢を崩さない、という印象を受けました。

 

「イノベーション=革新」と、言葉でいうのは簡単かもしれませんが、やはり業界全体に影響するような重要事項の決定は、慎重に時間をかけて情報収集し、その上で議論と推考を重ねて行われるべきである、というのが、この議論に参加して感じたことです。

 

大きな団体の中で関連する人達が皆足並みを揃えて進むことはほぼ不可能であるとは思いますが、私達一人一人が関心を持って関わっていくことが大切な事だと、何だか初心に帰った気持ちにもなりました。学会に参加した際、音楽療法関連の情報収集だけで終わるのではなく、学会や自分の基本理念などについても考え直すことが出来る機会になるのは大変有り難いことだと感じてもいます。

 

 

今日はこの学会の概要と主題についてを中心に書かせていただきました。

 

次回は、この学会にて「音楽療法かけはしの会」の行った発表などについて紹介させていただく予定です。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Taneka Bissonette (火曜日, 31 1月 2017 20:34)


    Thanks for sharing your thoughts. I truly appreciate your efforts and I will be waiting for your further post thank you once again.

  • #2

    Darlene Ogilvie (水曜日, 01 2月 2017 10:42)


    I quite like reading an article that can make people think. Also, thanks for allowing me to comment!

★最近のブログ記事★

April 17, 2017

★ニュースレター2017年4月号

 

April 10, 2017

英語24:「若者を」を英語で言うと?

 

April 2, 2017

★本会主催研修会のお知らせ

 

March 29, 2017

今週の英語23「高齢者って英語でどういうの?」

 

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★