2013年

1月

10日

その59:面接@音楽療法 vol.2

 

小沼愛子

 

皆さまこんにちは。前回の「ブログその58:面接@音楽療法 vol.1からの続きです。

 

前号では「学生」という立場で音楽療法関連の面接を受ける時の話を中心書きましたが、今回は私が最近実際に受けた仕事の面接の話を書いてみたいと思います。

  

今回私が受けた面接は、ごく小さな仕事の為のものでした。 

まずは、脳に後天的障害を持った中高生のグループ音楽療法を週に1〜2つ受け持つ、というものです。ただし、この会社は現在音楽療法のプログラムを拡張しているため、数ヶ月後には高齢者施設、その後は特別支援学級、音楽学校での臨床や教育などの仕事も加わってくる、という設定でした。

 

面接官は、この地域の音楽療法士なら皆名前を知っているようなベテラン音楽療法士で、大きな団体のまとめ役や複数の音楽療法プログラムの責任者として、地域ベースでの音楽療法発展に長年貢献してきた方です。その人の面接での質問はなかなか難しいものが多いよ、と音楽療法仲間から聞いていたせいもあって、かなり緊張して臨んだ面接でした。

 

音楽療法だけではなくて、どのような仕事でも「面接の定石」というものがあると思います。結果から言うと、今回私が受けた面接は、ほぼ「定石通り」なものでした。要するに、よくある音楽療法の面接パターン、だったわけです。

 

しかし、自分の知る限りでは、定石からはほど遠いような面接を受けた音楽療法士もいて、同じような仕事の為の面接なのに、こんなに違いがあるなんて面白い、と思ったことが何度もあるのも事実です。これは場所が日本でもアメリカでも関係ない現象のようですが、アメリカでは比較的、「お決まりの質問」をされることが多い傾向があるように、今まで見聞きしたものを総合すると感じます。

 

お決まりの質問については前号で述べた事柄が挙げられますが、仕事の面接となれば、それ以外の事も質問されてしかるべし、ではないでしょうか。インターンや学校内での面接とは違い、面接官も音楽療法士であるとは限らず、その会社/施設の他業種の人であることも想定できます。

 

会社や施設内ので仕事であれば、「その組織内でどう機能出来るか」ということがインターンの時よりもはるかに重要視される事柄であると思います。また派遣形式であれば、「派遣先でどうその場所の人達とコミュニケーションを取ってスムースに仕事を行えるか」ということも重視されると思います。

 

今回私が受けた面接では、仕事の内容が多岐に渡るせいもあってか、かなり多角的に審査されている感じを受けました。

「この人はどのような経験をしてきて人なのか、物事をどう捉えどう行動するのか」

「どう他人とコミュニケーションを取るのか」

「整理能力、情報管理能力、書類作成能力はどのレベルなのか」

「臨床士・教育者としてどんな知識を持っていて、何が出来る人なのか、即戦力があるのか」

 などを見極めようとしていることが質問の内容から伺えました。

 

前号に挙げたような質問の他には、「問題が発生した時や難しい事に直面した時の対応」に関することを何度か違った形で訊かれました。例えば、

「あなたが過去に新しい音楽療法のプログラムを立ち上げて定着させるまでの過程で、一番難しかったことは何でしたか、そしてそれにどう対応しましたか」という感じです。このような、「問題解決力」についての質問も、音楽療法関連の面接ではごく一般的であると思います。

 

それに加えて、近年強い傾向である、

「テクノロジーをどう臨床に使うか、あなたに使えるテクノロジーは何か」

という質問、また、アメリカでは私は外国人となるため、

「音楽療法士として文化の違いについてどう考えているか・対応するか」

という質問もありました。

 

面接官の質問に答えつつ、音楽療法・教育についての考え方について話し合ううちに、あっという間に一時間が経過していました。その後、演奏と歌の試験があり、お互いのスケジュールの確認、そして職場を一通り案内していただき、すべての過程が終了しました。

 

厳しい、と聞いていた面接は終始和やかな雰囲気で進み、面接官の態度は常に友好的でした。しかし、ムードは柔らかいものの、質問の内容は非常に実務的かつ実践的で鋭い質問が多く、常に話の中心からずれない面接官のプロフェッショナルぶりには、感嘆した、と言っても大げさではないくらいです。

 

その一方、面接の最後の最後、演奏力チェックの際に、「信じられないかもしれないけれど、演奏も歌もほとんで出来ない人がこの仕事の面接を受けにくることがあるんですよ。」と、ため息まじりに本音を漏らされたような瞬間もあり、面接する側の難しさを垣間みた気がしました。

 

仕事力や人柄のみではく、履歴書など紙の上の情報だけでは測ることが出来ない「音楽力」をチェックをすることも、音楽療法の面接では大切な作業だということです。

 

 

次号も、「音楽療法士と面接について」の話題で続けてみたい思いますので、皆様、もう少しお付き合い下さい。

 

 

日本ブログ村、音楽療法のセクションはこちらから

★最近のブログ記事★

April 17, 2017

★ニュースレター2017年4月号

 

April 10, 2017

英語24:「若者を」を英語で言うと?

 

April 2, 2017

★本会主催研修会のお知らせ

 

March 29, 2017

今週の英語23「高齢者って英語でどういうの?」

 

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★