今週の英語25: 「子ども」って英語でなんていうの?

 

細江弥生

 

2回にわたって「高齢者」「若者」を英語でどのように言うか書きましたが、今回は音楽療法の場面で「子供」を英語でどのように表現するかを書いてみたいと思います。

 

子供の年齢の定義は、法律、国、団体などよって様々ですが、1820歳未満を「子供」と定義する事が多いようです。

子供の年齢の定義は、法律、国、団体などよって様々ですが、1820歳未満を「子供」と定義する事が多いようです。

 

英語でよく使われる単語として、Child (Children)” “Kid(s)”といった表現を見る事が多いと思います。Kidはあまり学術的な場面や仕事では使いませんが、職場でもカジュアルな会話場面ではよく使います。

 

例えば先生が ”Kids will be back to the classroom in a minute”「子供達は1分ぐらいで教室に戻ってくるわ〜」と使う事もあります。発表や会議等ではkidsはあまり使いませんが、そこまで格式張ったものでなければ、割とフォーマルな場面でも使われることがあります。

 

呼び方が年齢別に変わることもよくあります。

 

  Newborn (生後1ヶ月位まで)

  Infant (1歳くらいまで)

  Toddler(3歳くらいまで)

  Preschooler(未就学児)

  Preteen or Tween12歳くらいまで)

  Teen Teenager13歳以上くらい)

 

以上の用語はフォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えます。

 

他にも音楽療法では、司法などでよく使われる "juvenile" という単語を見かけるかもしれません。

 

“juvenile detention center” は少年拘置所を指し、少年法や犯罪等が関わってきた時にこの単語が使われます。

 

Teen以降の子供の呼び方については前回のブログを参考にして下さい。

 

 

 

  ↓ ★クリックお願いします !

ブログ村「音楽療法」のページ

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページ

 

 

 

 

前号記事を読む<<<   >>>次号記事を読む

 

最近のブログ記事

December 10, 2017_No.218

来年のATMA学術大会情報

 

December 3, 2017_No.217

ドイツの音楽療法を学ぶ新たなチャンス

 

December 1, 2017_No.216

「音楽療法ソーシャルスキルアセスメント&記録を学ぶ」講習会のお知らせ

 

November 25, 2017_No.215

「マインドフルネスとは?」2017 AMTA学術大会リポート2

 

November 23, 2017_No.214

2017 AMTA学術大会リポート1

 

November 8, 2017_No.213

特別講習「Every Time We Say Goodbye」から

 

October 22, 2017_No.212

スタッフミーティングの様子紹介

  

October 14, 2017_211

何をもって音楽というのか?その3

 

October 11, 2017_No.210

何をもって音楽というか? その2

 

October 1, 2017_No.209

何をもって音楽というか?その1~アメリカンアイドルのオーディション現場から~

 

September 24, 2017_英語27

"Call in sick" これからの季節、お気をつけください

 

September 10, 2017_No.208

「マストラウマとは?」

 

August 30, 2017_No.207

WHO版 サイコロジカル・ファースト・エイド 日本語訳

 

August 29, 2017_英語26

"First Day of School" 8月の終わりは大忙し!

 

August 22, 2017_No.206

第17回日本音楽療法学会東北支部大会リポート

  

August 5, 2017_No.205

研修会リポート2017 in 東京&三重

 

July 28, 2017_No.204

論文投稿への招待メール?:音楽療法世界大会番外編

 

July 27, 2017_No.203

第15回音楽療法世界大会: The 15th WCMTリポート2

 

July 23, 2017_No.202

第15回音楽療法世界大会: The 15th WCMTリポート1

 

過去ブログ記事一覧