特別講習「Every Time We Say Goodbye」から

小沼愛子

 

皆さまこんにちは。

 

この秋は細々した音楽療法関連の用事が多く、リポートをブログに書きたいと思いつつ一つも書けないまま11月に突入、気がつけばサマータイムも終了です。

 

ボストンでは午後4時半に日が沈み、冬の近づきを感じる季節になりました。今年も2ヶ月足らずとなりましたが、引き続き本会ブログをよろしくお願いします。

 

今日は私が音楽療法を行なっている施設でスタッフを対象に開催された「Every Time We Say GoodbyeCaring for Caregiver」という特別講習のことを書いてみます。この講習のタイトルは、有名なジャズのスタンダートの曲名と同じですが、これではどんな講習か今一つピンとこない方も多いかもしれません。実は音楽とは関係なく、「クライエントの死にどう対処するか」が主題のトレーニングなのです。

 

副題の Caring for Caregiver のコンセプトは、本会の活動の中でも大変重要視している点で、ニュースレターで詳しくお伝えしたこともあります。文字通り、「ケアギバーのためのケア」です。ケアギバーとは、「ケアを与える人」の意味で、介護職をはじめとした対人援助職者を指す単語です。

 

この講習会場は障がいを持つ方々のための施設で、亡くなるクライエントも少なくありません。深い交流があったクライエント達の死を受け止めるのは、長年臨床をしている療法士やベテラン介護士達でも難しいものです。このような環境で働くスタッフのためにこのテーマで講習を行ってくれるのは本当にありがたいと思いますし、「ケアギバーのためのケア」の観点から見ると必須事項であるとも思います。

 

この講習はカジュアルなディスカッション形式のもので、地元のホスピス団体から講師を迎え、療法士、ソーシャルワーカの他、介護スタッフ20名ほどが参加しました。トピックとは裏腹に、始終和やかでオープンな雰囲気でトレーニングが進みました。

 

「スタッフとして専門家として留意するべきこと、NG行動は?」なども話し合われましたが、その反応は個人や文化によって異なること、状況は常にケースバイケースであり、絶対的正解のない部分も大きい、ということも確認されました。

 

 

講師が一貫して重要性を強調していた点が2つあります。

 

その一つ目は「セルフケア」です。

このような環境で働くスタッフ達のバーンアウトや鬱を防ぐため、いかにそれが重要であるかが繰り返し語られました。個人でできるセルフケアをはじめ、スタッフ間での相互理解やサポートなども重要な点であると語られました。

 

二つ目は「自分の仕事を誇りに思うこと」でした。

「皆さん、“大変な仕事をしていますね”と言われた時“いや、そんなことありません”と言っていませんか?」という講師の質問には参加者ほぼ全員が頷きました。しかし、講師は、「ケアギバーは実際に大変な仕事なのですから、今後は、“はい、大変です”と肯定してください」と言うのです。これには「アメリカ的だなあ」と一瞬抵抗を覚えたのですが、話を聞きながら「いや、この考えは私たちの心構えとして必要なことかも」と考えを巡らせました。人前でどう言うかはともかく、大変なことは大変と自分の中でしっかり認めて、それを前提にできる限りの準備し、誇りを持って仕事をすることは確かに必要だと、講習が終わるまでには考えがまとまっていきました。

 

 

死(deathという言葉は重く、人々はこの単語を避けながら話すことが多いものです。」と講師が示した通り、英語にも多数の婉曲表現があります。少し例を挙げると、die の代わりに「passed away」「is gone」「is no longer with us」「went to heaven」などと表現したりします。

 

「誰にも起こることなのに、人々は死について直接的に話すことを避ける傾向がある 」という語りかけからも色々考えました。

 

また、クライエントが亡くなった時のスタッフの考え方や対処法、感情表現に大きな個人差がある、ということも私にとって発見でした。例えば、「スタッフたるもの、ご遺族の前では絶対に泣くべきでない」という見解もあれば、「亡くなったクライエントの話をしている最中思わず涙ぐむことはある。号泣はNGだけれど、ご遺族の前でも許される範囲だと思う 」など、特定の状況での個人の情動とスタッフとしての行動についてディスカッションが続きました

 

私個人は、過去に立て続けに自分が担当するクライエント達が亡くなり、うまく書けないのですが、まるで心が固まるような感覚を経験した経緯があり、このような講習やディスカッションの機会があれば参加するようにしています。

 

「悩んでいるのは自分だけではない」と分かることもありがたいし、「難しいことだから悩んで当たり前」と肯定できる環境の大切さが身にしみる時間でした。

 

 

  ↓ ★クリックお願いします !

ブログ村「音楽療法」のページ

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページ

 

 

 

 

前号記事を読む<<<   >>>次号記事を読む

★最近のブログ記事★

November 8, 2017_No.213

特別講習「Every Time We Say Goodbye」から

 

October 22, 2017_No.212

スタッフミーティングの様子紹介

 

October 19, 2017

ニュースレター2017年10月号

 

October 14, 2017_211

何をもって音楽というのか?その3

 

October 11, 2017_No.210

何をもって音楽というか? その2

 

October 1, 2017_No.209

何をもって音楽というか?その1~アメリカンアイドルのオーディション現場から~

 

September 24, 2017_英語27

"Call in sick" これからの季節、お気をつけください

 

September 22, 2017

ニュースレター2017年9月号

 

September 10, 2017_No.208

「マストラウマとは?」

 

August 30, 2017_No.207

WHO版 サイコロジカル・ファースト・エイド 日本語訳

 

August 29, 2017_英語26

"First Day of School" 8月の終わりは大忙し!

 

August 22, 2017_No.206

第17回日本音楽療法学会東北支部大会リポート

 

August 16, 2017

★ニュースレター2017年8月号

 

August 5, 2017_No.205

研修会リポート2017 in 東京&三重

 

July 28, 2017_No.204

論文投稿への招待メール?:音楽療法世界大会番外編

 

July 27, 2017_No.203

第15回音楽療法世界大会: The 15th WCMTリポート2

 

July 23, 2017_No.202

第15回音楽療法世界大会: The 15th WCMTリポート1

 

June 11, 2017

英語25:「子ども」って英語でなんていうの?

 

May 22, 2017

★ニュースレター2017年5月号

 

April 29, 2017_No.201

認定講習会のお知らせ

 

April 17, 2017

★ニュースレター2017年4月号

 

April 10, 2017

英語24:「若者を」を英語で言うと?

 

April 2, 2017

★本会主催研修会のお知らせ

 

March 29, 2017

今週の英語23「高齢者って英語でどういうの?」

 

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★