その47:ニューロリハビリテーションにおける音楽療法⑤ 〜フェリシティー・ベイカー博士〜

細江(旧姓中井)弥生

 

「ニューロリハビリテーションにおける音楽療法」のシリーズ、今回が5回目となりました。過去の関連記事は以下に掲載されていますので、まだお読みになっていない方は是非ご覧下さい。

 

ブログ34:「ニューロリハビリテーションにおける音楽療法①」

       〜ニューロリハビリテーションとは?〜

ブログ35:「ニューロリハビリテーションにおける音楽療法②」

       〜音楽療法界におけるニューロリハビリテーションの位置づけは?〜

ブログ37:「ニューロリハビリテーションにおける音楽療法③」

       〜コンセット・トマニオ博士特集〜

ブログ44:「ニューロリハビリテーションにおける音楽療法④」

       〜ウェンディー・マギー博士特集〜

 

今回の特集はオーストラリアのThe University of Queenslandで教鞭を取っておられる Felicity Baker(フェリシティー・ベイカー)博士です。

 

大学ウェブサイトによると、ベイカー博士はオーストラリアで学士と修士をおさめた後、デンマークの大学で博士号を取得したという、前回のマギー博士と同様国際色豊かな方です。また、彼女は最近オーストラリア外の音楽療法士やその関連分野の専門家と共同研究等を行っており、アメリカのバーバラ・ウィーラー博士とともに音楽療法を通した国際交流にも力を注いでいるようです。

 

彼女は、失語症や脳障害の患者さん達との臨床についての研究発表を多数行っており、その中には既存のメロディックイントネーションセラピーに、もっと音楽的要素を取り入れた応用手段「モディファイド・メロディック・イントネーションセラピー」に関するものや、構音障害の患者さんを対象とした発声への音楽要素の活用に関する論文があります。

 

彼女の論文には具体的な手法が書かれている事が多く、科学的研究の結果を臨床に使用する「証拠に基づく音楽療法」を実践するのに大変役立つものが多いのが特徴です。

 

そんな彼女の研究と臨床をまとめた、ジャネット・タンプリン博士との共著に「Music Therapy Methods in Neurorehabilitation: A Clinical Manual (ニューロリハビリテーションにおける音楽療法の方法)」があります。

 

この本でも、彼女は研究等で明らかになった、または解明されつつある音楽の脳への影響についてまとめ、その後にそれらの証拠を元にどういった具体的な訓練ができるかという例を、身体的機能、コミュニケーション、感情、認知機能などの分野別にまとめています。

 

患者さんが興味を持ちそうな様々なジャンルの曲をどういう風に利用できるかも紹介されています。(もちろん曲のリストはオーストラリアで流行っている曲を集めているので、日本で使用する場合は彼女が焦点を当てている目的にそった日本の歌を探す必要があります。)

 

どのような臨床現場でもそうですが、リハビリテーションの現場でも常に一定ではない患者さんの状態を考慮してセッション内容をうまく組み立てる必要があります。頭ではこの訓練が患者さんに必要とわかっていても、その日に患者さんがいきなりその訓練に準備ができている訳ではありません。

 

例えばパーキンソン病の患者さんには薬の効き具合で、いわゆる「オンとオフ」の差が激しい状態の方もたくさんいらっしゃいます。音楽療法の直前に理学療法があったのか、言語療法があったのかによっても患者さんの状態や、どういったワームアップが必要かなどが変わってきます。対象者の状態を良く観察し、だんだんとベストな状態へとリードしていく流れをつくることが必然的になってくるのではないでしょうか。ベイカー博士の著書には色んな事を考慮しつつ実践で使える訓練法が様々な研究結果とともに記されています。

 

また、ベイカー博士は最近お亡くなりになったトニー・ウィグラム博士とともに、「Songwriting: Methods, Techniques and Clinical Applications for Music Therapy Clinicians, Educators, and Students (ソングライティング:方法、テクニック、臨床的応用方法 ー音楽療法士、音楽療法教育者、音楽療法を学ぶ学生のために)」を執筆されています。

 

この本では、様々な対象者群においてソングライティングがどう有効的に使えるかを臨床ケースとともに具体的に説明しているそうです。私自信、現在リハビリテーション病院で音楽療法士として働く中で、ソングライティングをおこなう事が多々あります。それは機能訓練のためであったり、自己表現のためであったりと目的は多岐にわたります。

 

機能訓練のみがハイライトされがちなリハビリテーションの現場ですが、病気や事故で自分が今までもっていた機能を失う、又は低下しているのを目の当たりするという事はとてもつらい経験です。

 

音楽療法士の役割は機能訓練だけではなくそういった経験がもたらす心理的な症状へのケアもあると私は考えます。そういったとき、自己表現の手段として大きな役割を果たす一つであるソングライティングは、身につけておいて損のないスキルの一つだと思います。

 

 

  

 

 

 ↓ ★現在ランキングに参加中です。クリックお願いします ★

ブログ村「音楽療法」のページ

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページ

 

 

 

前号記事を読む<<<   >>>次号記事を読む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★最近のブログ記事★

September 10, 2017_No.208

「マストラウマとは?」

 

August 30, 2017_No.207

WHO版 サイコロジカル・ファースト・エイド 日本語訳

 

August 29, 2017_英語26

"First Day of School" 8月の終わりは大忙し!

 

August 22, 2017_No.206

第17回日本音楽療法学会東北支部大会リポート

 

August 16, 2017

★ニュースレター2017年8月号

 

August 5, 2017_No.205

研修会リポート2017 in 東京&三重

 

July 28, 2017_No.204

論文投稿への招待メール?:音楽療法世界大会番外編

 

July 27, 2017_No.203

第15回音楽療法世界大会: The 15th WCMTリポート2

 

July 23, 2017_No.202

第15回音楽療法世界大会: The 15th WCMTリポート1

 

June 11, 2017

英語25:「子ども」って英語でなんていうの?

 

May 22, 2017

★ニュースレター2017年5月号

 

April 29, 2017_No.201

認定講習会のお知らせ

 

April 17, 2017

★ニュースレター2017年4月号

 

April 10, 2017

英語24:「若者を」を英語で言うと?

 

April 2, 2017

★本会主催研修会のお知らせ

 

March 29, 2017

今週の英語23「高齢者って英語でどういうの?」

 

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★