2013年

12月

08日

その99:メアリーさんのピアノ#5〜病名告知への反応〜

 

小沼愛子

 

 

前回ブログ98の続きです。(ここまでをお読みでない方は、ブログその92939798をご覧下さい。)

 

メアリーさんが、私に是非話したいと言った「パーキンソン病告知にあたってのご家族の反応」の話が今回のテーマです。

 

 

メアリーさん本人が落ち着いていたのは対照的に、ご家族の何人かは相当「ドラマチック」になられたそうで、そのうちのいくつかを笑いも混ぜながら私に話して下さいました。

 

「家族の一人が、“これからずっと続けたい事は何かあるか?”って真顔で訊くから、“そうね。毎週日曜日に行っている教会に行き続けることかしらね”って答えたの。そしたら、“これからは自分が毎日曜日に教会まで連れて行くから、何も心配いらないよ!”って言うのよね・・・」

 

 

「私、まだ自分でひとりで問題なく歩けるし、今のところ介助は要らないのにねえ」

 

 

ため息をつくメアリーさん。

 

 

メアリーさんはカトリック教徒で、毎週日曜日に教会に通っているのです。ご家族はそれがメアリーさんの心のよりどころとなっていると知ってか、次のような話もありました。

 

 

「・・・もっとすごかったのは、“メアリーをバチカンに連れて行く!”って言い出した家族がいたことよ。」

 

 

「あなたも覚えていると思うけれど、旧ローマ法王のヨハネ・パウロ2世はパーキンソン病を患っていたでしょう。だから、っていうことらしいのだけれど・・・ 急にバチカンに行くって・・・病気が治るわけじゃないし、突然そう言われてもねえ・・・」

 

 

メアリーさんは少々呆れた表情を見せています。

 

 

「ご家族の皆さん、メアリーさんのことを愛するあまりに大きく反応してしまったのでしょうね」

 

 

「そうね。まあ、有り難いことよねえ・・・ともかく、そんな感じで皆大げさに反応しちゃって。診断名が下ったからって、私の体調が急に変わったわけでもないのに」

 

大げさで困った人達よねえ、笑っちゃうわ、という表情でメアリーさんは話します。

 

 

「その中でも傑作なのがあってね」

 

 

と、ほとんどウキウキした感じでメアリーさんは話を続けます。

 

 

「覚えているかしら?孫の一人に大学生の子がいる、って話したわよね」

 

 

「はい。とても優秀なお孫さんのことですよね?」

 

 

「そうそう、あの子よ。自慢の孫。あの子がね・・・

 

 

この時点で、メアリーさんはすでに思い出し笑い状態です。

 

 

「私の診断名を聞くなり、え? じゃあ、おばあちゃんはもうピアノレッスンを続けられないの?!って言ったのよ。」

 

 

「?? それが第一声ですか?」

 

 

「そうよ!もう、絶対にあなたにこれを話さなくちゃ!って思ってたの。」

 

 

嬉しくも、内心かなり驚いていた私・・・私はメアリーさんのご家族の何人かと面識がありますが、そのお孫さんには一度もお会いしたことがないのです。

 

しかし、その大変優秀な大学生のお孫さんが、祖母メアリーさんに感化されて何ヶ月前かにピアノを始めた、というのは聞いていました。

 

メアリーさん一家には音楽好きな人が多く、ピアノやギター、バイオリンなどをかなり上手く弾く人達がいることは過去2年に積み重なった会話から分かっていたことでした。しかし、大学生になったその男のお孫さんが、おばあちゃんの影響でピアノを始めた、というのは家族内でそれなりにニュースだったようです。

 

音楽が大好きなメアリーさんから伝わる何かがあったのでしょう。それがどんなものかは分かりませんが、ピアノはおばあちゃんにとって何か特別なものに写っていたことに間違いはありません。

 

 

メアリーさんは話続けます。 

 

 

「あなたにも何度か話したように、“こんな年でピアノなんか習って、大して上達もしないし、私は何をバカなことをしているのかしら?”って思って、止めようかと思ったことがこれまでに何度もあったわ」

 

 

「何度かそうおっしゃいましたね。これまで続けて下さって本当に感謝しています」

 

 

私はこの時点で、メアリーさんが「ピアノを止める」と言いだすことを覚悟していました。「そうなっても仕方がない、がっかりしてはいけない」と、自分に言い聞かせ始めていました。

 

 

「前にも言ったでしょ。You are the best thing ever happened in my life . 」

 

 

「 止めないわよ」

 

 

そのメアリーさんの台詞は、私が高齢者施設で音楽療法士として働いていた時に、何度もクライアントの方々から頂いたのと全く同じフレーズで、私にとってこれ以上ない光栄な言葉です。

 

 

「進みはとても遅くても、私のピアノに進歩はあると思ってる。あなたが“もうメアリーの相手は出来ません”って言ったら諦めるけれど、それまで続けたい」

 

 

私は本当はほとんど泣きそうでしたが、いつものようにメアリーさんに向かって毅然と言いました。

 

 

「何をおしゃっているんですか?そんな日が来る事はありませんよ」

 

 

まさか、私達の壮大なプランをお忘れではないですよね?」

 

 

今度は私の方が笑いをこらえながら話を続けます。

 

 

「まずは、100歳ソロピアノコンサートの計画。それから、私が結婚する時には結婚行進曲を弾いて下さる約束でしたよね?その日はまだまだ遠そうですし、メアリーさんが結婚行進曲をマスターしてくれないと、私は結婚式ができないんですよ」

 

 

 メアリーさんは思わず吹き出します。

 

 

「そうだったわねえ」

 

 

大笑いしながら、「私達って、つくづくドリーマーねえ」と締めくくって下さいました。

 

 

この日は異例に会話が長く、ピアノに触れた時間は普段の半分くらいだったかもしれません。メアリーさんも私もそうしたかったからそうしていたように思います。

 

 

そして、この日の会話の中に、メアリーさんのことをブログに書こう、と私に決心させた一言があったのです。

 

 

 

*「メアリーさんのピアノ#6」に続きます。

 

 

 

 

ブログ村「音楽療法」のページはこちらから

 

人気ブログランキング「音楽療法」のページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★最近のブログ記事★

April 17, 2017

★ニュースレター2017年4月号

 

April 10, 2017

英語24:「若者を」を英語で言うと?

 

April 2, 2017

★本会主催研修会のお知らせ

 

March 29, 2017

今週の英語23「高齢者って英語でどういうの?」

 

March 18, 2017

★ニュースレター2017年3月号

 

March 7, 2017

★ドラムサークル・ファシリテーター研修生募集のお知らせ

 

March 3, 2017_No.200

音楽療法 in アジア

 

February 26, 2017

★音楽療法士募集のお知らせ@三重

 

February 9, 2017_No.199

スタッフ細江の「音楽療法アセスメントについて」講座のお知らせ

 

February 5, 2017_No.198

音楽療法士についてのリサーチ

 

January 22, 2017_今週の英語23

MT資格更新に必要なCEとは?

 

January 18, 2017

★ニュースレター2017年1月号

 

January 15, 2017_No.197

音楽療法士として初心に帰る

 

January 8, 2017

新年、あらためて会の自己紹介です

 

December 26, 2016

★ニュースレター12月号

 

December 14, 2016_No.196

音楽療法士が燃え尽き症候群になる3つの理由

  

December 2, 2016_No.195

AMTA学術大会2016リポートvol.2

 

November 27, 2016_No.194

アメリカ音楽療法学会学術大会2016リポートvol.1

 

November 21, 2016

★ニュースレター2016年11月号

 

November 12, 2016_No.193

大統領選と音楽

 

October 23, 2016

★ニュースレター2016年10月号

 

October 16, 2016

今週の英語22:「対象者=クライエントとは限らない」

 

October 11, 2016_No.192

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート2

 

September 25, 2016_No.191

第16回日本音楽療法学会学術大会レポート1

 

September 23, 2016

ニュースレター2016年9月号

 

September 15, 2016_No.190

就労支援における音楽療法

 

今週の英語21

発音2〜オペラの授業に隠された発音上達のヒント〜

 

August 10, 2-16

今週の英語20:この記号、知っているようで知らないかも?#

 

August 2, 2016_No.189

聴くとリラックスできる音楽とは?

 

July 26, 2016

今週の英語19: 行動観察などの時に便利なアレ

 

July 10, 2016

今週の英語18: 発音1:いろいろな国の英語&発音上達法

 

June 24, 2016_No.188

世界音楽療法大会ニュースvol.2_演題募集関連、その他

 

June 22, 2016

今週の英語17: 時代と共に変化する英語2"Significant Other"

 

june 11, 2016

今週の英語16: セッティング・Setting

 

June 6, 2016

★5周年を迎えました

 

May 20, 2016_No.187

第15回世界音楽療法大会 vol.1_演題募集のニュース

 

May 18, 2016

今週の英語15: 時代と共に変化する英語、「徘徊」という言葉の変化

  

May 9, 2016

今週の英語14: "Piggyback" 豚の背中??

 

April 29, 2016

今週の英語13: "Instrument"の"楽器'

以外の意味

 

April 18, 2016_No.186

音楽療法士、非常事態に何ができる?

 

April 11, 2016

今週の英語12: 歌う前のかけ声は?

 

April 1, 2016

今週の英語11:カタカナ語で本来の発音が違うもの3

 

March 22, 2016

今週の英語10:カタカナ語で本来の発音が違うもの 2

 

March 6, 2016_No.185

音楽療法とメディア vol.4

 

March 2, 2016

今週の英語 9 :カタカナ語で本来の発音が違うもの1

 

February 25, 2016_No.184

グラミー賞授賞式にて「音楽の力」

 

February 21, 2016

今週の英語8: Call for Papers

 

February 20, 2016_No.183

音楽療法とメディアvol.3

 

February 14, 2016

今週の英語7: Individual vs. Group

 

February 6, 2016

今週の英語6: Session

 

February 5, 2016_No.182

音楽療法とメディアvol.2

 

January 31, 2016

今週の英語5: Population

 

January 24, 2016_No.181

音楽療法とメディアvol.1

 

January 19, 2016

今週の英語4: Preference

   

December 22, 2015

今週の英語3 Holiday Song

 

December 14, 2015

今週の英語2   Practice

 

December 7, 2015_English1

今週の英語1_ Grobal Perspective

 

December 6, 2015_No.177

研修会リポート&新企画のお知らせ

 

November 25, 2015_No.176

グローバルな視点とその活かし方

 

November 22, 2015_No.175

日本から発信する大切さ

 

August 17, 2015_No.173

MT Student Amanda's Trip to Japan in 2015

 

August 17, 2015_No.172

音楽療法学生アマンダの日本旅行リポート:イントロ   

 

 人気トピック集

* 映画「パーソナルソング」関連 *

 

11/7/2014

映画「パーソナル・ソング」

 

11/14/2014

「パーソナル・ソング」@フォーラム

 

11/16/2014

「パーソナル・ソング」について訊きたかったこと

 

 

  ★過去記事一覧★